FC2ブログ

カシコ・クラッセ JR茨木店のブログ | 茨木市のリフォーム店から、住まいなどの情報を配信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by casico classe on  | 

お茶を挽くこと。

ヨッシーです。

『かつて、抹茶をいただく際には、新鮮なお茶の味わいを大切にするために、
必要な分だけを石臼で自ら挽いて、飲む』ものだったんだとか。

DSC03680.jpg

その抹茶を挽く、という作業を体験できる施設があります。
福寿園宇治茶工房です。

DSC03702.jpg

本来、ゆったりとした流れの宇治川ですが、現在は工事のため、川幅が狭くなっていて、
白い波しぶきがたつほどの急流です。
そんな川をびくびく見下ろしながら朝霧橋を渡るとすぐ。

DSC03681.jpg

まず、一人一台渡されるのが、
お茶の葉の入った石臼。

DSC03683.jpg

これをくるくる回します。
焦って早く回すと茶が苦くなるそうなので、
おちついて、優雅に、くるくると20分余。

DSC03689.jpg

ようやく木の先端が見えてきました。
茶ひき終了の合図です。

DSC03690.jpg

出来上がった抹茶はこんな感じ。

DSC03695.jpg

これを、丁寧に網でこします。

DSC03700.jpg

お湯を入れてもらい、茶筅でたてたら・・出来上がり!

DSC03698.jpg

水ようかんとともにいただきます。
いままで頂いた抹茶より、苦みが少ない・・ような気がする。
丁寧にゆっくり、を心掛けた成果と思います(^^)。
ようかんとお茶が、お互いの味を引き立てあってくれます。

ただ、20分かけて出来上がった抹茶は、お椀2杯分だけ。
時間と手間が必要な、優雅な楽しみなんだとわかりました。

「子供も大人も一緒に楽しめるから、いとこ会にぴったり!」
とは、同行の友人の言。なるほど。覚えておこう。

DSC03701.jpg

おまけ。
茶筅の形を保持するための道具。
もし、自宅でお茶をたてる習慣があれば、
食器棚に一つ置いてみたい。
(残念ながら、私にはお茶の心得も道具もありませんが^^;)

ちょっと日常を離れて、優雅なひと時を楽しめました。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


スポンサーサイト

Category : お出かけ
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kabayama.blog68.fc2.com/tb.php/2012-9da52a6e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。