カシコ・クラッセ JR茨木店のブログ | 茨木市のリフォーム店から、住まいなどの情報を配信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by casico classe on  | 

神戸市立博物館

昨日、神戸市立博物館
「オルセー美術館展」を観に行ってきました。

オルセー美術館展1

オルセー美術館展2

博物館の建物は、昭和10年(1935年)建築の
旧横浜正金銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)神戸支店ビルを転用したもので
ドーリア様式の半円柱が建ち並び、ギリシャ神殿風の重厚な作りで
旧居留地の中でも威厳を放ち、昭和の名建築といわれているそうです。

神戸市立博物館

旧居留地には歴史ある建造物がたくさんあり
今でも飲食店やブティックとして利用されていて
街を歩くだけでも、当時の文化や時の流れが感じられます。

美術展では、モネやミレー、ゴッホ、マネ、ルノワールなどの
絵画を楽しむことができました。
今回、おもしろく感じたのは
ルノワールが描いたモネの肖像画や
マネのアトリエにたくさんの画家が集っている様子を描いたものがあり
その時代の著名な画家の交流が見てとれたことです。
絵画について語り合っていたのかなぁ。

ルミナリエの最終日だったせいか
平日なのにかなりの人で、
たくさんの警備員さんが通行整理をされていました。
点灯前のルミナリエ。

ルミナリエ

全然魅力的ではないですね。。
点灯時の混雑に巻きこまれないように
早めに旧居留地を後にした現実的な私でした。。


hama







樺山工務店ボタン

スポンサーサイト

Category : 絵・写真
Posted by casico classe on  | 0 comments  1 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kabayama.blog68.fc2.com/tb.php/164-c400691b
神戸市立博物館神戸市立博物館(こうべしりつはくぶつかん、''Kobe City Museum'')は、神戸市中央区 (神戸市)|中央区にある人文科学系博物館。神戸市立南蛮美術館と神戸市立考古館が統合して神戸の旧居留地エリアに1982年開館した。「国際文化交流-東西文化の接触と変容」
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。