カシコ・クラッセ JR茨木店のブログ | 茨木市のリフォーム店から、住まいなどの情報を配信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by casico classe on  | 

船場ビルディング

ヨッシーです。

DSC06952.jpg

1925年竣工の「船場ビルティング」。
外観は、それほど目立つものではありませんが

DSC06954.jpg

一歩はいると

DSC06957.jpg

4階まで吹き抜けの大空間!

DSC06963.jpg

古びたタイル、深いグリーンの塗装。
ヨーロッパの路地裏を思わせる雰囲気。

DSC06965.jpg

停められた自転車が、
しっくり空間になじんでいます。

DSC06973.jpg

建具。
丸いノブと、ペンキの色が、異国情緒を盛り上げます。

DSC06974.jpg

実はここは、貸テナントビル。
お花屋さんの一角には大きなシンクあり、
各店舗からは、空調や電気といった、
様々な配管用パイプが出ていて、
無機的ではない、生活感あふれる空間でもあります。

ランドスケープデザイナー 二見恵美子さんによるリフォームは
「普通の古びたビル」を、
情緒あふれるビルによみがえらせました

リフォームの可能性を体現する、
意義深い建物だと思います。

ヨッシー


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓カシコ・クラッセ JR茨木店HPです!

カシコクラッセロゴ<br /> 

スポンサーサイト
Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

永平寺

ヨッシーです。

DSC06818.jpg

大晦日、NHKの除夜の鐘放送の際には、
けっこうな頻度で映る、『永平寺』。

DSC06788.jpg

ひたすら続く、長い回廊が特徴的です。
昔、NHK特集で、雲水(修行僧)の生活が特集されたことがあって
(放映年を見ると、私が見たのはどうも、再放送だったようですが・・)
真っ白な息を吐きながら、
すごい速さで雑巾がけをしていた姿が印象に残っています。

DSC06789.jpg

長年、ぴかぴかに拭き上げられ続けた段板は
にぶく輝きを放っています。
修理跡まで例外なく。

DSC06784.jpg

境内の溝。
落ち葉の季節なので、毎日きれいに掃かれているんだと思われます。

DSC06762.jpg

新しくて絢爛豪華な部分と

DSC06779.jpg

年月を経て、渋みと味を増した建物が混在するところ。
長年風雪にさらされた外部は、木部に白みを帯び、
長い人生で悟りを開いたお年寄りのようです。

DSC06758.jpg

杉や苔の緑色が強い庭。

DSC06819.jpg

かと思うと、
そろそろ黄身から赤味に変化しつつあるもみじを植えた庭。

DSC06774.jpg

毎朝早くから、
真っ白な息を吐きながら、
若い雲水たちが、丁寧に手入れをしているのでしょう。

ミシュラン・グリーンガイド(日本語版は出版されていないのですが)で
二つ星を獲得している永平寺。
境内には、3世代旅行と思しきご家族連れにまじり、
大きなカメラを構えた外国のかたもちらほら。

JR福井駅からえちぜん鉄道で25分、そこからさらにバスという
アクセスの難しさを乗り越えて、訪れる魅力があるということでしょう。
ちなみに、車でなら、福井北ICから20分くらいです。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

万葉のかおり~奈良ホテル

ヨッシーです。

DSC05982.jpg

奈良ホテルに行ってまいりました。
目的は「ランチ」です。

DSC06020.jpg

奈良ホテルと言えば、
以前、naococoさんも紹介していましたが
辰野金吾氏が設計した本館が有名です。
階段は、優雅なカーブを描きつつも、太く、どっしりとした親柱を持ち
そんな建物の雰囲気作りに一役買っています。

DSC06010.jpg

シャンデリアは和のテイスト。
シンメトリーな配置が、なんともかっこいい。

DSC06015.jpg

飾られた絵画は、万葉の香り。
かつて飛鳥の都が栄えていた頃、かくありなん・・。

DSC05989.jpg

というわけで、
この日は、「花菊」という日本料理屋さんへ。
こちらは「万葉弁当」。

DSC05992.jpg

柿の葉寿司、干し柿・・
奈良の食材を生かしたメニューが、
赤い重箱の中に詰まっています。

DSC05994.jpg

こちらは「大和肉鶏と生芋こんにゃくの味噌焼き」。
味噌の甘さがたまらない、逸品です。

DSC05987.jpg

こちらは「まほろば」というカクテル。
車の運転があるのでノンアルコールを選びました。
梅酒にシソの香りがとても合う、さわやかな飲み物です。

DSC06031.jpg

学生時代に、授業の一環で一度訪れてはいたものの、
今回、客という立場で実際に訪れるまでは、
ここはもっと敷居の高いところだと思っていました。

実際に入ってみると、素朴さが漂う、おおらかな空気に包まれた
居心地の良い場所だとわかりました。

一見、堅牢で格式高く、近寄りがたい
それでいて、入ってみると意外と親しみやすかったりする建物。
辰野金吾の建築物には、そういうものが多いような気がします。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

同志社大学訪問記

ヨッシーです。

先日、京都の今出川に行きました。
ここで思い浮かぶところと言えば、同支社大学 今出川キャンパス
そのとき一緒にいた友達はここ出身、となると、「ぜひ見に行きたい!」
というわけで、中へゴー(^。^)

DSC05729.jpg

まずは、学食・Hamac De Paradis
これは・・学食というより、カフェです。
母校の学食と比べるのが間違いと理解しつつも(^^;)うらやましいかぎり・・。
ちなみに、一般の方も自由に利用可能。

DSC05728.jpg

でも、価格は学食です。
このセットで500円!ステキ!

DSC05731.jpg

幸せなひと時を過ごしたのち、キャンパスへ入ります。
まずは、重要文化財の、同志社礼拝堂(チャペル)。
プロテスタントの煉瓦造チャペルでは、日本最古。
卒業生は、ここで結婚式を挙げることも可能。

DSC05734.jpg

こちらも重要文化財・ハリス理学館。
現在は、新島襄に関する資料を展示していて、
学外の方でも自由に見学可能です。

DSC05739.jpg

日記の挿絵の緻密さに、
その人柄がしのばれます。

DSC05737.jpg

大きな親柱をもつ、重厚な階段。
手入れがいきとどいているためでもありますが、
手摺子も段板も、ぎしぎしぐらぐらせず、しっかりしています。

DSC05738.jpg

光の色の感じからすると、おそらくLED照明と思われますが、
中の重厚な雰囲気を尊重したデザイン。
空間全体の統制がとれていて、素敵です。

DSC05740.jpg

そしてさらに奥へ進むと、見えてくるのが、こちらも重要文化財「クラーク記念館」。

DSC05741.jpg

中世のヨーロッパの領主の館を思わせる外観も素敵ですが、

DSC05746.jpg

矢切面の装飾と、アーチ窓、

DSC05744.jpg

出窓

DSC05745.jpg

換気口など、パーツの意匠がとても美しい。
気品ある建物は、こういうひとつひとつのパーツが、本当にきれいなんですよね。

歴史と輝かしい経歴に彩られた大学。
キャンパスに満ちるその雰囲気が、
建物をよりすばらしくしているのかもしれません。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

グランフロント大阪の工夫

ヨッシーです。

DSC03827.jpg

2013年4月に開業したグランフロント大阪。
オフィス、レストラン、雑貨、服、ショールームその他いろいろな最新機能を保有する
大阪の新しいランドマーク。

DSC03829.jpg

・・の外壁。
スタイリッシュな装飾、だと思っていた銀色のパイプなんですが。
端にガラリがついているのを発見。

調べてみたら、これはエアインテーク(大型外気取入口)を使った自然換気システムだとか。
給気も排気も機械で行うのが普通な、高層オフィスビルにあって
機械に頼らない換気を行う設備を併用することで
環境にやさしい配慮がなされています。

新進気鋭の店舗を揃える、という見える部分だけでなく、
環境に配慮する、という隠れた部分にも
最新の技術力が活かされているんですね。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

平等院鳳凰堂

ヨッシーです。

071026-17.jpg

見慣れた色と形。10円玉です。
小さいころ、これを握りしめて近所の駄菓子屋へ走ったものです。
(歳がばれる^^;)

DSC03640.jpg

10円玉に描かれているのは、宇治の平等院鳳凰堂
平成26年10月に大修理が終わり、
平安時代の華やかな外装を取り戻しています。

Byodoin_Phoenix_Hall_Uji_2009.jpg

ちなみに、こちらは修理前の姿。
色の違いもさることながら、風雨にさらされた柱が
かなり痛々しい状態。

DSC03644.jpg

藤原道長が別荘として使い、
その子頼通が寺院に改めたのが始まり。
末法思想の支配する世にあって、
時の権勢をほしいままにした父と比べて、陰りがみえ始めた自らの先行きを
案じてのことだった、と言われているそうです。

DSC03646.jpg

居住のための建物ではないので、
仏像が置かれた場所(中堂)以外は、柱と屋根だけの回廊になっています。

DSC03663.jpg

修理中は中断されていた、内部の観覧が、今は可能です。
一時間に一度、この橋から中に渡り、ガイドさんの説明を聞く会が催されますので
ご興味がおありの方は、入ってまずこのツアーを申込まれることをおすすめします。
(内部の撮影は禁止ですが、由来・装飾の意味・歴史的背景など、様々なお話を伺えます)

DSC03645.jpg

青空に映える黄金の鳳凰。
今にも飛び立ちそう。

DSC03664.jpg

苔むした瓦。
平成の大修理以前の姿を、わずかにとどめる部分です。
華やかな平等院の敷地の片隅で、こんな一角を見ると、
その歴史の長さを思わずにおれません。

多くの重要文化財級の建物と同様、
幾多の戦禍をくぐり抜けて、現代に残された建物。
奇跡的なその事実に、感動を覚えます。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

サグラダ・ファミリア完工??

******************************
リフォームスタジオ オアシス 年末年始休暇のお知らせ

オアシスでは、下記の期間お休みをいただきます。
平成26年12月29日(月)~平成27年1月5日(月)

*1月6日(火)より平常通りの営業とさせていただきます。
  よろしくお願い申し上げます。
******************************


ヨッシーです。

world83.jpg

サグラダ ファミリア』。
スペインはバルセロナにある、ガウディ未完の作品です。

1882年に着工していますから、
2014年の時点で、既に工期は132年目!

00-top.jpg

1980年代の時点で『完成までには、あと200年』といわれていたこの建物。
ここへきてスピードアップ!
(ちなみに、私は1999年に訪れていますが、
当時、『ニュージーランドのCADチームの参加により、あと100年くらいで、できそうです』
という説明を受けました)

3D CADやらCG、3Dプリンタなど、
世界中の知恵と技術を駆使して
設計(ガウディ作の模型を基に、実施設計が現在進行形)・施工作業が
着々と進められているんだとか。

現在のところ、完工予定は2026年
工期が半分に縮まりました。
ということは、現在生きている私たちにも
完成形を見る機会が開かれた!ということ。
完成したらぜひ見に行きたいな。

・・と、スケールの大きな話が出たところで・・
来年もよろしくお願いいたします。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 


Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

大徳寺

ヨッシーです。

DSC02573.jpg

桃山~江戸時代の作といわれる襖絵の龍図。
本当に動き出しそうな迫力があります。

DSC02568.jpg

龍図の他にも、美しい枯山水を複数持つ
大徳寺内の塔頭の一つ『龍源院』に行きました。
こちらは『一枝坦(いっしだん)』という庭。
苔の真ん中に石が立ち上がる、斬新なデザイン。

DSC02562.jpg

こちらは、昭和35年に作庭された現代壺庭 『東滴壺(とうてきこ)』。
落ちたしずく(中央の石)による丸い波紋が、美しく再現されています。
小さいのに、この存在感は何?というくらい、自己主張のある庭。

DSC02556.jpg

『滹沱底(こだてい)』。
完成からわずか8年で取り壊されたわりには、
わりと誰もが耳にしたことのある名・聚楽第。
(土壁の上塗である『じゅらく塗装』の由来)
ここには、その遺構からとられた石が二つ、使われています。

DSC02570.jpg

年月を経て、ひび割れた床板。
浮き出た年輪が、木々の過ごした年月を感じさせます。

DSC02572.jpg

繊細な扉の細工。

DSC02584.jpg

ここでも、苔は大切な役割を果たしていました。
色彩、形・・自然の造形美と、人間の技術の融合が、
古刹(由緒ある古寺)を彩る大事な要素だと、よく分かる建物です。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 

Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback

そうだ京都、行こう~源光庵

ヨッシーです。

DSC02634.jpg

現在、TVで「そうだ京都、行こう」というCMが流れておりますが
今日ご紹介するのは、そのロケ地である『源光庵』。

DSC02636.jpg

『迷いの窓』。

DSC02621.jpg

『悟りの窓』。

CMでは、一面に紅葉が広がる様子が写されておりますが、
10月末に私が行った頃は、まだ青葉が優勢。
しかし、静けさと落ち着きを味わう、という意味では
本格的に観光客で混雑する時期でなかったのは、幸いだったかも。

DSC02627.jpg

これらの窓以外にも、有名なのが『血天井』。
伏見桃山城で行われた凄惨な戦いで血塗られた床板を
供養のため、天井に使用しています。
足跡は、本物の血の跡なのです。

DSC02649.jpg

おだやかな夕刻に、可憐に咲く花。

DSC02646.jpg

光の当たる葉先が、すこし赤みを帯びてきた庭の木々。

DSC02615.jpg

静かでおちついた佇まいをみせる、坂の上の源光庵。
かつての激しく、血塗られた戦の歴史を知ると
平和な現在の姿が、ことさら貴重に思えます。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 

Category : 建物
Posted by casico classe on  | 2 comments  0 trackback

舞子の洋館~旧武藤家別邸洋館

ヨッシーです。

IMG_0217.jpg

兵庫県立舞子公園に佇む洋館。
旧武藤家別邸洋館』です。
元は山の近くの方にあったのですが
国道2号線拡張工事の影響で、現在地に移転、という歴史を持つ館です。

IMG_0193.jpg

躯体や外装のほとんどは、
これまでの改築や移築により、違う材に入れ替わっていますが
内部の装飾や家具などは、建築当初のものが残されています。

IMG_0191.jpg

この部屋のシーリングメダリオンも、
古いものを切り取り、移築しています。
明治の左官職人さんの繊細な手つきが見えるような美しさ。

IMG_0187.jpg

ステンドグラスも建築当初のもの。
阪神淡路大震災時、たまたま移築にそなえて解体中であったため
割れずに現在に残されたんだとか。

IMG_0190.jpg

面格子と、型板ガラスの柄が見事に一致。
これも、当時の職人さんのこだわり。

IMG_0201.jpg

『家具が貴重なので、普段は座れないのですが、
ドラマの撮影では、俳優さんが実際に座ることもあるのです』という椅子。
明治時代の背景に、しっくりはまる一品。

IMG_0205.jpg

組木の天井。
船の舵輪(ステアリングホイール)の形を模しているようです。
生活の中で、海が身近なものであるとわかります。

IMG_0209.jpg

家具は創建当初のものが残っています。
棚の上部についている貝殻の形の造形は、
アコヤ貝を模していて、ヨーロッパからの輸入家具特有のもの。

IMG_0214.jpg

台風で吹き飛ばされて、いったんはなくなっていた
円形のバルコニーは、
ここへ移築の際に再現されました。
舞子の海を眺めるには、絶好のロケーション。

何度も崩壊・解体撤去の危機にさらされながら
奇跡の偶然も重なって残った建物。
昔の建物が現在に残されるという事自体、
奇跡の重なりのようなものなんだなあ、と感じました。

ヨッシー

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします↓LOVE U



ここをクリック↓オアシスHPです!

ブログロゴオアシス 

Category : 建物
Posted by casico classe on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。